2010年02月27日

<浜岡原発被ばく事故>保安院が規定違反の中電を注意(毎日新聞)

 中部電力・浜岡原発3号機(静岡県御前崎市)で昨年12月、放射性廃液が漏れ作業員29人が被ばくした事故で、原子力安全・保安院は25日、保安規定に違反する作業工程が原因だったとして中電を注意処分にした。中電は06年、技術基準の安全確認をせずに高濃縮廃液の処理工程を変更。事故発生まで8回にわたり規定違反の作業を繰り返していた。

 中電によると、3号機補助建屋内に濃縮廃液貯蔵タンク(容量120立方メートル)が3基あり、廃液の放射能が減衰すると固化処理するが、05年に同装置が故障したため別系統の配管を使って廃液を専用タンクへ移すことを決めたが、配管の技術検証をしなかった。この配管が、廃液に含まれる鉄分などの不純物で詰まり、排水枡(ます)などからあふれたという。固化装置が故障したままのため、中電は当面、仮設装置で廃液を移送すると説明している。

【関連ニュース】
浜岡原発:3号機、微量の水漏れ 放射能検出されず /静岡
浜岡原発運転差し止め訴訟:立石教授、主張の一部修正 反対尋問で中電指摘に /静岡
原発事故訓練:1000人が参加 映像中継車が故障−−県庁など /静岡
浜岡原発:中電、周辺市に計10億円 「プルサーマル」で負担金 /静岡
浜岡原発:一時、高レベル感知−−放射能監視装置 /静岡

<地震>山口県で震度4=午前11時50分ごろ(毎日新聞)
<沖縄振興策>民間有識者を中心にした会議設置へ 政府(毎日新聞)
14の重篤副作用疾患別対応マニュアルを公表へ―厚労省(医療介護CBニュース)
築地移転「時間多くない」 知事、新市場に改めて意欲 都議会開会(産経新聞)
五輪ジャンプ 個人メダルは遠く…葛西、団体戦にかける(毎日新聞)
posted by カナモリ カズトク at 08:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。